のぼりのオーダーで「短納期」というのはどれくらいですか?

のぼりも短納期で発注できます。しかしギリギリの発注には結果として後悔も多いとか。熟考期間をもって接しましょう。

のぼりのオーダーで「短納期」というのはどれくらいですか?

のぼり旗を依頼する際の短納期は、翌営業日が当たり前になっています。

しかしギリギリの発注には結果として後悔も多いとか。

のぼりには熟考期間が必要です。

◇翌営業日に届くのが当たり前のスピード。

短納期で激安というのは、いまやのぼり店では当たり前のキーワードになっていますから、どこののぼり店に依頼しても短納期は短納期です。

最短で「翌営業日」という場合もあります。

翌営業日というのは、たとえば土日・祝日が営業日と営業日のあいだに挟まった場合、その休みは計算に入れない次の営業日にはのぼりを納品できるということです。

◇金曜日に発注したら翌週の月曜日に配達。

金曜の午前中とか朝の9時までに、あるいは午前中までにオーダーすれば、次の週の月曜日には仕上ったのぼりを配達してくれることになります。

のぼりは大事な宣伝ツールですが、ついつい後回しになってしまうことが多いアイテム。

そんなときは「翌営業日」が助かります。

ただし翌営業日で依頼するには完全データ入稿など、のぼり店(http://www.az-nobori.com/)によって前提条件があるので事前に確認してください。

◇翌営業日を当てにして、ズルズル日程を先延ばしするのは失敗の元!良いのぼりの仕上りとはならない可能性もあります。

のぼり製作に慣れた人に言わせると、「急いだのぼりには後悔が多い」という感想をもっています。

「それなら既製デザインのぼりにした方が良い」という人もいます。

のぼりは小さなスペースの宣伝物ですから、それなりに熟考を重ねるのがベスト。

急がば回れの精神でいきましょう。